UIデザイナーは楽しい!心から楽しいポイント7つ

f:id:uidesigner:20190105000335p:plain

UIデザイナー楽しいよ!と言っていると、何が楽しいの?と聞かれることもあるので、私が楽しい!と思うポイントをしたためてみます。

UIデザイナー楽しいポイント

 

それぞれ説明してみます。 

1. 最新のデザインができるから楽しい!

2007年にアメリカで、日本では2008年にiPhoneが発売されてから、この世の中は一変しました。

若い人でスマホ以前の世界を知らない人はあまりピンと来ないかもしれないですが、とにかく私たちの生活は変わりました。ポケットに入る端末がネットにつながっていて、世界中の人と交流したり、写真を撮ったり、その場でお買い物もできるようになったのです。

革命でした。

革命ってのは、そこに生きている人たちが気づかないうちに終わっているものらしいです。

まさに、私たちは教科書に載って後世まで語り継がれる歴史的転換期にいるわけです。

 iPhoneが出た頃は受託会社でWebデザイナーをやっていた私は本当に興奮して、アプリのデザインをしてみたい!最先端のデザインをしてみたい!と思うようになりました。

スピードが早い世界ですから、常に変わっていく情報をキャッチアップしていくのは時に大変なこともありますが、それ以上に本当に刺激的で楽しいです。

新しいもの好きの人には最強の職業だと思います。

2. 裁量権があるから楽しい!

これは、私が最初は受託の会社にいたから感じることかもしれないです。

もちろん、受託の会社でも大きな裁量権をくれる会社はたくさんあると思うのですが、やっぱり最後はクライアントさんが意思決定するので、私には事業会社の方があってるなーと思いました。

事業会社のいいところとして「大きな裁量権」が挙げられることは多いと思います。実際、私の今の事業部では率先して手を挙げる人がやりたいことをやらせてもらっていますし、仕事のペースややり方も個人に任せてくれてます。

すごくやりやすいです。ノーストレス!  

3. エンジニアさんとのお仕事は楽しい!

これは私個人の感想ですが。

私は、エンジニアさんが大好きです。

頭が良くて、ロジカルで、課題解決志向なかっこいい人たち!そして高給取り!笑

一緒にお仕事してるだけでいろんな視点や気づきをもらえて、めちゃくちゃ勉強になります。特に美大出身の、ものごとを感覚や視覚でとらえがちな自分には、とてもかっこよくうつりますね。

エンジニアさんのかっこよさは、一緒に働いたらすぐにわかると思います。ただし、優秀なエンジニアさんと出会うためにはそういう人たちがいる会社を選ばないといけないです。

それはどんな職種でも一緒ですかね。

4. ユーザーからのフィードバックがあるから楽しい!

4番目になったけど、個人的にはこれはもしかしたら一番楽しいと思えることかもしれないです。

アプリのレビューや、コメント、SNSなど、ユーザーさんから反響、フィードバックをもらえる。

「好き」とか「毎日見てます」とか言ってもらえるとやったー!と思うし、新機能をリリースして喜んでもらえてたりすると、頑張ってよかったー!と思います。

逆に「使いづらくなった」と言われると、ごめんなさい…という気持ちになったりもしますが、とにかく反応があるって本当にやりがいがあることです。自分がデザインしたものを、本当に使ってくれている人たちがいるんだ!という実感というか。

 

また、うちのサービスでは定期的にユーザーインタビューも行っているのですが、いつも新しい発見があってとても楽しいです。前回のインタビューでは、なんとうちのサービスのファンだという方が手土産を持ってきてくれました!

感動です。

5. 部品のようなデザインを考えることが楽しい!

UIデザインは、グラフィックデザインとは違います。

ユーザーインターフェースUIデザインは、サイトを訪れるユーザーが快適に閲覧したり、サービスを利用したりするのに重要な項目の一つです。 不適切なUIで設計されたサイトは、ユーザーにとって使いづらく、UXが低下するおそれがあります。

UIデザインの基本・原則・最新トレンドを10分で把握! 注目デザインの実例をどうぞ | Marketing Native特選記事 | Web担当者Forum

というわけで、UIデザインとは「サイトやアプリを訪れるユーザーさんに、いかに使いかって良く、没入して使ってもらえるか」の設計をするお仕事です。

昨今はAtomic Designと言われる、パーツやコンポーネント単位で定義していくUIデザイン手法などが有名ですが、UIデザインって「部品のデザインみたいで楽しいな」と思ってます。

このパーツがひとつの場合はこう、ふたつになったらこう、こういう状態の時はオフになるから、ここは取り外しが可能なパーツになる、みたいな感じで、定義して行くのが楽しいのです。

なので、ビジュアルよりロジックが得意な人も向いている職業だと思います。美大出身じゃないUIデザイナーさんも多いです。

6. IT業界は人と交流できる機会が多いから楽しい!

これも、私がこのお仕事大好きな理由のひとつですね。

とにかくIT業界は人とつながりやすい!

たくさんイベントあるしたくさんコミュニティあるし、人と繋がるのが好きな人には本当に楽しい業界だと思います。なんなら都内なら、毎日どこかしらでイベントやってると思います。

特にデザイナーは勉強会も多く、お勉強した後に大抵おいしいお寿司とかおしゃれなケータリングとかビアバッシュがあるイベントが多いです。ビールが大好きな私にはたまらない嬉しさです。

アプリやWebサービス好きな人たちは勉強家で好奇心旺盛な人たちが多く、話しているだけで面白いと思います。

どうやら、「複数のコミュニティに参加している人ほど幸福度が高い」というデータもあるみたいですよ。こりゃーたくさんの人たちとつながっておきましょ!

 

イベントを探したい時はこちらから。

connpass.com

7. ホワイト企業が多い

私は今事業会社にいるので言えるのですが、事業会社はいわゆるホワイトな企業が多いです。

受託会社にいた頃は毎晩深夜まで残業してタクシーで帰宅して、数時間仮眠ののち出社…みたいな生活をしていました(濃くて楽しかったですけどね)

それに比べると、部署や仕事内容によるのかもしれないですが、事業会社はホワイトだなーと思います。大きな資本の中で働けるのと、ユーザー向けサービスなので、やはり自分たちのペースで働けるのが大きいのですかね。

 

いかがでしたか?

UIデザイナーになりたくなってきましたか??

今すぐなりましょう!