「一流患者と三流患者 医者から最高の医療を引き出す心得」を読んで

f:id:uidesigner:20190111004206p:plain

デザインのことじゃないけど。

とあるひょんなご縁から、この本を薦められて読んだ。

めちゃくちゃいい本でした!
ご自身や大切な人が癌をはじめ大きな病気になられた方に、ぜひぜひ読んで欲しい。

 

日本とアメリカにある、医療の”差”

日本とアメリカには医療の技術の差はほとんどないけれど、われわれ患者の質に大きな違いがあって、その違いが結果の違いを生み出している。

一流の患者はお医者さんの力を最大まで引き出せるから、最高の医療を受けられる。
だから、いい結果につながる。

例えば、仕事だったらちょっとした打ち合わせでも丸腰で臨むことはなくて下調べや質問事項を準備していくのに、なぜか日本人は「病院」となるとそれをしない。
とたんに「先生にお任せします」モードになっちゃう。

アメリカでは医者と患者は対等な関係で、パートナーという感じらしいけれど、日本だとどうしても お医者さん>患者さん の構図になる。
アメリカでは必ず診察の最後に「Any questions?(何か質問は?)」って聞くけど、日本だと「お大事に」と言われて終わってしまう。
とありました。
確かになんででしょうね。江戸時代の身分制度とか関係あるのかな…

生きていく上で何より大事な能力

結局、自分の人生を左右するこの「一流の患者になる力」こそがどんなスキルよりも大事だと書かれていて、本当にそうだなあと思いました。だってこの力によって、大きな病気だったら命を左右することになる。

著者の上野先生自体も癌を克服されていて、だからこそ言葉に重みがありました。

デザインやビジネススキルももちろん大事だけど、それよりももっと、生きるために大事なスキル。
健康じゃなかったら、そもそもデザインスキルだって意味がなくなっちゃう可能性がありますからね…!
「考える力」「知識を得る力」って、ほんとに大事だな~と思わされる本でした。

なんてったって今、日本人の2人に1人が生涯がんになるだそうですよ!
5人のチームだったら、2人ががんという計算に…。おそろしい…。みんなちゃんと健康診断受けましょうね。

私も昔働きすぎて体を壊して最近ようやく体調が戻ってきたところなので、気をつけよう。
風邪薬を処方されても、なぜその薬なのか、どんな効果を期待するのか、先生に聞くところからやってみよう。「一流患者力」をあげたいな。

 

そう思える本でしたよ。
興味のある人はぜひ!