【コーチング】初めてのクライアント体験-サンプルセッション

f:id:uidesigner:20190825122359j:plain
コーチングを志して2週間弱。
初めてのクライアント体験をしました!

今までコーチングを習う中で、演習や、学んでいる友達同士でコーチングをしたことはあったのですが、ちゃんと自分がお金を払ってクライアントになるのは初めてなので、わくわく、ドキドキ!しながら当日を迎えました。

初回はサンプルセッションなので、無料でしてもらえることが多いです(コーチによる)
今回はZoomを使って行いました。
CTI(私が習っているコーチの養成機関)の基礎コースを受けたこと、父がCTIのコーチだったこと、自分もコーチになりたい旨などをお伝えしました。

本当はこれからコーチを目指すにあたって、というテーマでセッションを受けようと思っていたのですが、プライベートで今私の心にある課題があったので、そちらをテーマに25分くらい、セッションしてもらいました。

不思議だ〜。なんか、「考えてしゃべらなきゃ」という感覚は忘れて、ただ聞かれるままに話していました。話していくうちに、今の自分がその課題に対してどう思っているのか、そもそも自分にとってどういうことなのか、そのことをどう捉えているのか。どうなったらいいと思っているのか。
質問されて、声に出して答えているうちに、ふわふわしていたものがどんどん固まっていく感じ。
今夜行動することに、心が決まりました。早いね〜!
意思決定できずにぐるぐる考えている時こそ、コーチングがおすすめです。

嬉しかったのは、セッション前に「あなたはどちらかと言うと直感型ですか?ロジカル型ですか?」と聞かれて、迷うことなく「完全に直感型ですね」と答えたら、「よかったー!CTIぴったりですね!」って言ってもらえたこと。
やっぱりそうなんだ!私のあの、「私に合っていて、自分がやりたいことを実現できるものとの出会いだ!」って思ったあの、まさに”直感”は正しかったんだ!と思いました。
直感タイプが多いであろうデザイナーに合うコーチングなんじゃないかな〜(ロジカル型のデザイナーさんももちろんたくさんいるけれども)

というわけで!
デザイナーmeetsコーチングの、自分的第2章のはじまり!

デザイナーでコーチングもされている方というと、まっさきに思い浮かぶのがこばかなさん

note.mu

わかりやすい〜!素敵です。
課題解決がお仕事であるデザイナーには、コーチングも合う人多いんだろうな。

日本でもっともっとコーチングがメジャーになって、たくさんの人の悩みや苦しみが解放されますように!
頑張るぞ〜!

あ!ところで。
今回Zoomでやったセッションですが、普段もコーチングはSkypeで行なっているとのこと。理由を聞いたら、「オンラインの方が時間の融通がききやすいというのもあるけれど、一番は話しやすさ。周りを気にせずに考えたり、泣いたりもできる」と言われて、確かに…と思いました。実際私、泣いてたからな…!(泣いてた)
セッションに入ると映像を消して音声のみで行ったので、深い課題であるほどオンライン&音声のみの方がいいのかなーと思いました。
CTIは、最後の資格取得の上級コースも電話やインターネットで行うとのこと。体感覚を使ったものが好きなので対面が私には合ってるかなと思ってたけど、確かにカフェだと周りの目があってオープンしづらいし、使える個室を探すのも大変だし…。
私に合ったやり方を見つけていこうっと!

こちらもどうぞ!

www.uidesigner.tokyo